読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THIS IS VIDEO CLASH "RETURNS"--80年代洋楽PVの記録--

PVをメインに取り上げた80年代洋楽の記録です。2000年頃のアーカイヴをtumblrに移植したものをさらにこちらへ。

NO MORE WORDS/BERLIN~私たちに明日はある~

A,B,C ハ行


Berlin - No More Words

映画「ボニー・アンド・クライド(俺たちに明日はない)」をモチーフにしたクリップは、演奏シーンがまったくないにも関わらず、バンドの魅力を見事に伝えている。


結局、ベルリンの魅力を伝えるには、ヒロインであるテリー・ナンを、男たちが命を賭けて輝かせるという手法が一番なのだ。

 

その時、テリーは…何をしていようが関係ない。

 

マイクを持っていてもいい、銃を持っていてもいい、はたまた芸者であってもいい。
要は、彼女の魅力を存分に伝え、そして、男たちがテリーをサポートする姿の魅力を伝えればいいのだ。

 

そういう意味で、このクリップは「歌うテリーのバックで演奏する男たち」を、「銃を持つテリーを守って銃を抜く男たち」に置き換えた名作。


そして、この曲のチャートインを足がかりにベルリンは、ヒットグループへの階段を上り始める。


最後のシーンを見ればいい。
ボニーとクライドは蜂の巣の終焉を迎えるが、テリーは夕暮れの中、銃を空に向け続けているのだ。


この時、ベルリンにはたしかに明日あった。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

俺たちに明日はない【Blu-ray】 [ フェイ・ダナウェイ ]
価格:1200円(税込、送料無料) (2017/1/9時点)