読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THIS IS VIDEO CLASH "RETURNS"--80年代洋楽PVの記録--

PVをメインに取り上げた80年代洋楽の記録です。2000年頃のアーカイヴをtumblrに移植したものをさらにこちらへ。

NEW SONG/HOWARD JONES~新しい歌に載せた新しい自分~

ハ行 G,H,I

最初にこの曲を聞いたため、ハワード・ジョーンズの音楽、ビジュアルに「カワイイ」とか「ポップ」「軽快」というイメージを持つ人は多いだろう。


だが、彼の本来の持ち味は「ホワット・イズ・ラヴ?」と問い掛ける、内向きの疑問や焦燥の方であったのではないかと思う。

 


Howard Jones - What is love (HD 16:9)


それは、以後続く「ハイド・アンド・シーク」などの世界により広がりがあることでも想像できる。

 


Howard Jones - Hide & Seek

 

しかし、MTV全盛の時代に、大衆に存在を知らしめる意味で、デビュークリップにこれを作ったのは正しい。

 


Howard Jones - New Song


イントロのポップなリズムに合わせて、工場のラインが流れるシーンは、軽い気持ちで続きも見てみようかなという気になるし、たいしてお金がかかっているとも思えないクリップなのに、爽快感と本人のキャラクターで最後まで引っ張る映像は見事だ。
それにしても、アンダーグラウンドのホームに続く階段に山積みにされたチェーンから、ジェドおじさんが出てくるシーンは奇怪。


その奇怪さすら、異形の世界に持っていかないこの音のポップさと、全編から流れる明るさは実に立派である。