THIS IS VIDEO CLASH "RETURNS"--80年代洋楽PVの記録--

PVをメインに取り上げた80年代洋楽の記録です。2000年頃のアーカイヴをtumblrに移植したものをさらにこちらへ。

Fire In The City/ELVIS BROTHERS, THE~そそられる音、そそられるビジュアル

リアルタイムでこの曲のPVがMTVで流れたのを見たのは、二度ほどだったが、当時毎週番組を録画していた自分にはそれで十分といえば十分だった。

 


The Elvis Brothers - Fire In The City (1983)

 

とはいえそもそも当時はプロフィールもよくわからないグループの曲を、録画した200分もあるプログラムの中で、早送りもせずに見たのにはわけがある。
そう、オープニングテーマが終わったあと、最初のCMに入る前にたった二曲だけ流される、スタートのナンバーのうち一曲がこれだったのだ。

 

しかしもちろんそれだけではない。
PVのスタートと同時にいきなり流れる、魂に響くようなドラム。
映されるメンバーの足下は赤、白、青の三色の靴。
実に音とビジュアルがそそるのだ。

 

そして現れる色っぽいミニスカネエチャンズに、興奮したメンバーの演出にメタファとして飛んでいくソーセージ。なんともわかりやすい、夜の街の艶っぽさに、青春時代の入口に入った少年たちは釘付けになったのかもしれない。

 

ちなみに当時の印象では、この一曲だけであっさりいなくなった印象で、洋楽ブームが起きた時代の日本だったからこそ紹介された、ひとときの徒花みたいなグループだったのだが、今回調べてみたら90年代半ばまで、おなじメンバーに一人さらにプラスしたりしながら、活動を続けていたらしい。

 

若さとルックスで、アイドルバンドとして売り出そうとして、失敗したかのようなイメージを勝手に抱いていたが、たしかに自分がいいと思ったくらいなのだから、この曲一曲聴いただけもいい音を出している。


PVもお姉ちゃんたちの登場と、それを狙う野獣どもみたいな安っぽい構図になっているけど、二番のそういうシーンではメンバーはただ演奏しているだけで、ちゃんとライヴシーンも見せてるんだよね。
立ったままたたいているドラムとか、絵にも気を遣ってるし、なかなかの秀作ではなかろうか。

 

www.discogs.com