THIS IS VIDEO CLASH "RETURNS"--80年代洋楽PVの記録--

PVをメインに取り上げた80年代洋楽の記録です。2000年頃のアーカイヴをtumblrに移植したものをさらにこちらへ。

Hit That Perfect Beat/BRONSKI BEAT~冷戦の壁の向こうに消えたジミの苦悩

「レター・トゥ・ブレジネフ」。

 


 

 


もう今となっては覚えている人も少なかろう。そんな映画のタイトル、邦題は「リヴァプールからの手紙」だった。
そしてその中でまさかの再始動を切ったのが、あのブロンスキだった。

 


Bronski Beat - Hit That Perfect Beat

 

「スモールタウンボーイ」に始まり、「ホワイ」「エイント・ネセサリリー・ソー」、そしてマーク・アーモンドまで引っ張り出した、あのブロンスキ。
それがジミの逃亡ですべての歯車が狂い、ついに解散


誰もがあの自分のすべてを代弁してくれるような、怒りと憤りを発散したクールな音の行方に戸惑たものだった。

 

そんなブロンスキがついに帰ってきた。


その場所が当時蔓延ししていた、映画のサントラだったのだ。
そこから出たヒット曲は数知れない。
時には、曲は売れたが映画がヒットしなかったことすらあるほどだ。

 

そして新生ブロンスキは、その例にもれず、この曲をヒットさせた。

しかし、そこにはかつてのブロンスキを愛した、屈折した感情を変えたファンの居場所はなかった。

 

そもそもこの曲が採用された映画自体、何だったんだろう。
共産主義に自由はないということをいいたい、そんなプロパガンダだったんだろうか。
その反面、当時のイギリスは失業者が溢れ、ポール・ウェラーは炭鉱労働者のストライキに共感してソウル・ディープしてた頃だ。
そんな国内の不満の行く先を冷戦の壁の向こうに持って行こうとしたプロパガンダ作品だったのだろうか。

 

それにしても、ジョン・ジョンって誰だったんだろう。

 

 

Truthdare Doubledare

Truthdare Doubledare

 

 

 

Hit That Perfect Beat [12 inch Analog]

Hit That Perfect Beat [12 inch Analog]

 

 

 

Hit That Perfect Beat - Bronski Beat 7

Hit That Perfect Beat - Bronski Beat 7" 45

 

 

 

Hit That Perfect Beat [7 inch Analog]

Hit That Perfect Beat [7 inch Analog]

 

 

 

Hit That Perfect Beat (Originally Performed By Bronski Beat)

Hit That Perfect Beat (Originally Performed By Bronski Beat)