THIS IS VIDEO CLASH "RETURNS"--80年代洋楽PVの記録--

PVをメインに取り上げた80年代洋楽の記録です。2000年頃のアーカイヴをtumblrに移植したものをさらにこちらへ。

House Arrest/KRUSH~クラッシュはクラッシュでも


Krush - House Arrest

 

「これがクラッシュ!?」「ミックの呪いか?」

 


The Clash - This Is Radio Clash (Bond's, Times Square, NY 9th June 1981) 2 of 3

 


当時、ヒットしているという情報を誌面で得て、あわてて探して手に入れた12インチ版には当然英語表記があるわけだから、もちろんCLASHと本気で間違えたわけではないが、そんなネタともジョークともいえない話で盛り上がったものだった。

 

ハウスミュージックという紹介をされていたけれど、これはハウスなんだろうか?
タイトルが「ハウス・アレスト(自宅監禁)」なんで誰かがそういいだしちゃったんだろうか?
そもそも音楽はージャンルというのは分類が難しいものだけど。

 

いずれにしてもいわゆるオシャレな音で、当時はユーロビートなんかがチャートを席巻していたころ。
ダンスチャートのヒット曲がナショナルチャートも駆け上がっていたし、この軽い曲質と口ずさみながら踊れる感じはディスコ向けだったんだろう。

 

初めて聴いたとき以降ずっとインストゥルメンタル中心のグループがやっていると思っていたんだけど、ネット時代になってついに見たPVで、あ、そうか、と思わされた。いわゆるダンス、クラブ系のDJ系のユニットだったんだな。


たしかに今初めてこの曲を聴いたらそう思っただろうけど、当時はそんなこと考えもしなかった。
楽器を持ってメンバーが音を作るバンドスタイルのテクノだと思い込んでいたのだ。お恥ずかしい。

 

そういうこともあって、この軽いヴォーカルをリードヴォーカルではなく、コーラスのお姉ちゃんだと思い込んで聴いていたんで、PVの真ん中で歌い踊る女の子を見て、結構びっくりしました。

 

少なくとも当時の日本のメインの洋楽シーンでは、この曲一発で、それ前後は紹介もされなかったため、グループとしてのプロフィールがまったくわからなくて、謎が多かったのも事実。


ただダンスミュージックの世界にそれ以外の何かを残しているのかというと、そこもどうやらそうではないらしく、結局このオネエチャン誰なんだという疑問を残すだけだった。

 

 

House Arrest / Jack's Back - Krush 7

House Arrest / Jack's Back - Krush 7" 45

 

 

 

House arrest (1987) / Vinyl Maxi Single [Vinyl 12'']

House arrest (1987) / Vinyl Maxi Single [Vinyl 12'']