THIS IS VIDEO CLASH "RETURNS"--80年代洋楽PVの記録--

PVをメインに取り上げた80年代洋楽の記録です。2000年頃のアーカイヴをtumblrに移植したものをさらにこちらへ。

Borderline/MADONNA~僕たちのマドンナ

この曲のイントロと、それに合わせたPVのスローモーションのストリートダンスのシーンはとても美しい。

 


Madonna - Borderline


マドンナがまだサイボーグになる前の話だ。ライオンのような髪型、ルーズなファッション、そしてそれを真似るティーンエイジャーたちが、Wannabeesと呼ばれ、現実のダウンタウンに溢れようとしていた。

 

トーリーは下町の少女が、カメラマンに見いだされ、そして表舞台に上がる。


しかし、その世界は彼女には窮屈でしかなく、新しい恋人になったカメラマンを放り出し夢のステージを飛び降りた彼女は、自分の育った街とかつての彼氏のもとへと駆けて帰る。


そんなありがちなストーリーだが、ダウンタウン時代の彼氏とのキスシーンはあまりにも絵になっている。
ポスターの一場面のようだ。

 

このPVを深みのあるものにしているのは、彼女を映すフィルムの色ではないだろうか。
時系列では過去になるダウンタウンのシーンはカラーで、そのあとの出来事になるスタジオでモデルとして撮られるシーンはモノクロになっている。
我々が想起する時系列の映像表現とは逆なのだ。


それはフィルムが現実をレポートしてるのではなく、彼女の心象風景を映し出しているのだと感じさせてくれる。

最後に、彼女はカラーの世界へ帰っていく。

そこに映し出されるのは、彼女にとっての現実であるダウンタウンなのだ。


そしてカラーになったスタジオシーンの中の彼女のハミングで曲は終わる。
この曲の最後のあっという間にフェイドアウトしていくハミングは、とても贅沢。
もっと聴きたいメロディだと思う。

 

このあとマドンナは世界の歌姫、そして人間離れしたサイボーグへの道を歩みだす。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バーニング・アップ [ マドンナ ]
価格:1400円(税込、送料無料) (2017/5/9時点)