THIS IS VIDEO CLASH "RETURNS"--80年代洋楽PVの記録--

PVをメインに取り上げた80年代洋楽の記録です。2000年頃のアーカイヴをtumblrに移植したものをさらにこちらへ。

I'd Wanna Know/REO SPEEDWAGON~逆らえない音楽の本質


REO Speedwagon "I Do' Wanna Know"

 

REOスピードワゴンと当時の自分の音楽世界というと、かなり意外がられるけど、まあ何もドゥルッテイ・コラムとか、オレンジジュースとか、ディス・モータル・コイルとか、コクトー・ツインズとか、そんなのしか聴いてなかったわけじゃない。

 

ヒットチャートは常に気にしていたし、ヒート・イズ・オンだって、ヒューマン・タッチだって聴いてたし、踊るリッツの夜とか、ロック・ミー・アマデウスだって好きだった。

 

とはいえ、REOスピードワゴンをしみじみいいなぁと思ったのは、この曲のPVありきだったかもしれない。

 

なんていうか、このお祭り感、すごくいいよね。音楽が小難しいものではなくて、楽しいものだと思い出させてくれる気がする。

 

ロマンティックスのときに書いたけど、イギリス(欧州)の音楽はブレインミュージック、アメリカの音楽はボディミュージック、そして自分は何も考えずに音楽を聴くことは意味がないと思う。


後者のように体さえ動いて汗をかけばいいというのは、音楽ではない。
そんなことを公言していたわりには、音楽の本質のひとつとして、楽しむことには本能では逆らえていなかったのだ。

 


 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

REOスピードワゴンThe EssentialCD2枚組
価格:1680円(税込、送料別) (2017/4/16時点)