THIS IS VIDEO CLASH "RETURNS"--80年代洋楽PVの記録--

PVをメインに取り上げた80年代洋楽の記録です。2000年頃のアーカイヴをtumblrに移植したものをさらにこちらへ。

The Breakup Song/GREG KIHN BAND~ぶっちゃけダサいノスタルジー


Greg Kihn - The Breakup Song (They Don't Write 'Em) - 7/6/1981 - unknown (Official)

GREG KIHN はぶっちゃけダサい。

 

ベイエリアのロックスターという点で、比較対象としてよく名の挙がる HUEY LEWIS がなんとなくアメリカンロックのお洒落さん的な存在なのに対して、ファッション、曲調、なんとなく前時代的なゴリゴリ感があり、そもそも鼻の詰まったような歌声とか、なんだかとにかく垢ぬけない感じがしてしようがない。

 

彼らが世に出るきっかけになった The Breakup Song はどこか懐かしいメロディラインが見事だが、ヴォーカルの「あああーんああああっあーん」というハミングなんか底抜けにダサい。

 


Greg Kihn Band - Jeopardy (1983) (Music Video) HQ

大ヒット曲になった Jeopardy も今聴くと、曲調といいテンポといい、ひと昔もふた昔も前の香りが漂っていて、80年代というより70年代ロックのようだ。

でもなんだかこのダサさが親しみやすく、ノスタルジックでクセになったりもするのだ。

 


Huey Lewis And The News - I Want A New Drug


Ray Parker Jr. - Ghostbusters

 

HUEY LEWIS が ヒット曲 I Want A New Drug のメロディをめぐって、裁判で Gostbuster したのと対照的に、そういう争いごとや諍いとも縁のなさそうな、近所の兄貴的感じがして、故郷にたまに帰るような感覚で、ふと聴きたくなるのがこの曲だったりする。

 

大人になると田舎に帰って母親に甘えたくても、見栄やプライドが邪魔をする。
それは親離れしていない自分をダサく感じるからだろう。
でも帰省したとき、心は安らいでいる。
ノスタルジックな満足感は、自分だけのもの。
人に見せるには少しダサいくらいでちょうどいいのだ。