THIS IS VIDEO CLASH "RETURNS"--80年代洋楽PVの記録--

PVをメインに取り上げた80年代洋楽の記録です。2000年頃のアーカイヴをtumblrに移植したものをさらにこちらへ。新作も加えていきます。

Red Ripstick/NOMO~洋楽バブルの影の名曲……で、あんた誰?


Nomo - Red Lipstick 1985

 

80年代の洋楽ブームは今となって思えば、洋楽バブルだった。
とにかく今となってはあれはいったい誰だったのだろうとしみじみとしてしまうような、忘れようとしても思い出せないようなバンドのPVがテレビで流れ、アルバムがリリースされ、本国での立ち位置よりも日本の音楽シーンでのほうが上にあるようなミュージシャンも山のようにいたはずだ。

 

なぜあんなことが起きたのかというのを70年代以前と比較してみると、音楽にファッションの要素がバリエーション豊かに入り込んだのがあの時期だったのではなかろうか。

 

誰もが髪を伸ばしていたそれまでと違い、髪の長さは自由。
服装もバンドのコンセプトに合わせて、金ラメだったり女装だったり、貴族風だったり。
とにかく曲にもファッションにも自由な選択肢が生まれたことが、一気に洋楽ファンの幅を広げたのだと思う。

 

そんな中、あるバンドのアルバムを手に入れた。
それが NOMO だった。

 

ただこのアルバム、当時輸入盤の処分品で300円で手に入れたんだよね……。
ANDY SUMMERS が参加しているということを記したシールがぺたっと貼ってあったので、まったく知らないバンドだったけど、300円ならまあよかろうみたいな感覚だった。

 

というわけで輸入盤だもんで日本盤だとまったく無名な新人でも、必ずついていたメンバー全員の名前からバンド結成の経緯やなんかが、どうやって調べたんだろうというくらい丁寧に書かれたライナーノーツがない。
なのでいまだによくプロフィールがわからないままだったりする。

 

今回これを書くにあたって、ググってみたんだけど、なにしろ彼らがデビューしたころとは違い、 NOMO と検索すると、それはそれはメジャーリーグの検索結果が引っ掛かりまくって収拾がつかなくなってしまう。

 


野茂英雄のテーマ

 

結局誰だったんだという疑問はさておき、この曲はすごくいい。
弾むような乾いたイントロから、たたみかけるようなAメロからサビへの入り、そしてファルセットで繰り返されるサビの RedRedRedRedRedRed... のパート。

 

PVは当時毎週録画していたMTVでは一度も見られる機会がなかったので今回初めて見たけど、まあ当たり障りないっちゃなく、逆に下手にドラマ仕立てにしなかったおかげで、今見ても普通にカッコいい。

 

80年代洋楽バブルの影には、こんな隠れたいい曲もあったんだなあとしみじみと思った。

 


Red Lipstick (dance mix) - Nomo 1985 US Disco New Wave

 


Nómo - Dance The Dance [Audio Only]

 


NOMO....FACTS OF LIFE......RE-UPLOAD

 

 


NOMO-WAILING WALL{1985}.wmv

 

Great Unknown [Analog]

Great Unknown [Analog]

 

 

 売れなかった以上、何かが足りなかったんだろうと思うけど、なかなか名曲ぞろいですよ。