THIS IS VIDEO CLASH "RETURNS"--80年代洋楽PVの記録--

PVをメインに取り上げた80年代洋楽の記録です。2000年頃のアーカイヴをtumblrに移植したものをさらにこちらへ。

Electric Youth/DEBBY GIBSON~既視感が生む80sのダイジェスト


Debbie Gibson - "Electric Youth" (Official Music Video)

 

既視感満載のこのPV、ある意味で80年代前半のビルボードの総集編のような作品になっている。

たとえばファッションはMADONNA


Madonna - Borderline (Official Music Video)

 

ダンスはMICHAEL JACKSON


Michael Jackson - Beat It (Official Video)

 

レーザービームの演出は、OLIVIA NEWTON JOHNや、


Olivia Newton John - Twist of fate

 

FRANKIE GOES TO HOLLYWOODで、


Frankie Goes To Hollywood - Relax (Laser Version)

 

廃墟で踊る舞台設定は、BILLY IDOL。


Billy Idol - Dancing With Myself

 

ここまで徹底されると、まだ記憶の生々しかった当時より、三十年の時を経て、80sがリバイバルする今の時代こそ、似つかわしい気がする。

 

曲もなんとも甘酸っぱくキャッチーなメロディのダンスミュージックで、いかにも日本人好み。
そのわりに、CMやテレビのBGMにイマイチこないのは、なぜだろう。

 

そんなことを考えていて、ふと思ったのは……。

 

なんとなくこれを名曲だったと公言すると、そのかたわらで聴いていたICICLE WORKSなんかまで飲み込みそうなミーハー洋楽ファンに認定されてしまいそうな感じが、当時トンガったロックファンだったはずの自分に対して反する感じで、仕方なく記憶の中に封印してしまってるのではないだろうか。

 

でも曲は確かにいい。
メロディのレベルは高い。

 

ただやっぱり、このへん

www.youtube.com

まで思い出させるあたりが、ロック史に残る名曲というより、なんだかうまく一発あてたアイドルタレントのドサクサ感があるのだと思う。

なんつーか、あの首のインド映画みたいなふにゃふにゃ感が、ね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グレイテスト・ヒッツ [ デビー・ギブソン ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/2/11時点)