THIS IS VIDEO CLASH "RETURNS"--80年代洋楽PVの記録--

PVをメインに取り上げた80年代洋楽の記録です。2000年頃のアーカイヴをtumblrに移植したものをさらにこちらへ。

Train in Vain/CLASH, THE~後世に遺したい“へにゃへにゃ”


The Clash - Train in Vain (Live at the Lewisham Odeon)

 

この曲はアルバムリリース時、クレジットに表記がなく、隠しトラックとして騒がれたらしいが、実際のところは単に印刷に間に合わなかったとかなんとか。
まあ、そんなことでも話題になった一曲だ。


そのため正式なタイトルがあるのにサビで繰り返されるスタンド・バイ・ミーのフレーズを曲名だと思っているファンも多いだろう。

 

たしかにスタンド・バイ・ミーは、あのスタンダードナンバーもあるし、のち映画もヒットするからキャッチーなタイトルではある。
そこを敢えてこんなタイトルにするところが、らしいっちゃらしい。

 

そんなことより何よりも、この曲を聴いて湧いてくる感想は、

 

へにゃへにゃ

 

こんなにへにゃへにゃした曲、そうそうない気がする。

 

というか、へにゃへにゃしてるのは、MICKのヴォーカルなんだよね。
とにかくこの曲に限らず Should I Stay or Should I Go ? にしろへにゃへにゃ。

 


The Clash - Should I Stay or Should I Go (Live at Shea Stadium)

 

そしてこのフイルム、曲に合わせたMICKのその動きまでへにゃへにゃ。
とにかくへにゃへにゃなのだ。

 

もうこの曲は、俺史上最高のへにゃへにゃ。

 

グラミー賞に“へにゃへにゃ部門”があれば受賞確実。

 

“後世に遺したいへにゃへにゃロック100”なて規格があれば間違いなくトップ1.

 

ポイントはクネクネとかぐにゃぐにゃとは違うところ。
あくまでへにゃへにゃなのだ。

 

THE CLASHにしては珍しいラブソングというのも、その曲調に影響しているのだろうか。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロンドン・コーリング(Blu-spec CD2) [ ザ・クラッシュ ]
価格:1696円(税込、送料無料) (2018/3/30時点)


 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[DVD] ザ・クラッシュ/エッセンシャル・クラッシュ
価格:3144円(税込、送料別) (2018/3/30時点)